Craftsman

木村巧

木村 巧  Takumi Kimura

生年月日:1950年12月3日  職人歴:30年

元々物づくり全般に興味があり、色んな制作活動にたずさわった後、バッグ作りを専業とする。新しい物や珍しい物が好きで、
その好奇心旺盛な姿勢は既成概念にとらわれない新しい技術の開発や他者が思いつかない創意工夫という形でバッグ作りに生
かされている。

ハリ箱型

木型を作成し、濡らした革を型に沿って張り、完成させた後縫い合わせます。今回は
大谷氏が指定したラインを出す為に木村氏が手彫りでオリジナルの木型を作成しまし
た。又立体形成された革の曲線を生かしながら、マチ部分と縫い合わせるのは熟練の
技術が要求される大変難しい作業です。

ハリ箱
鴨田清

鴨田 清  Kiyoshi Kamoda

生年月日:1944年2月6日  職人歴:40年

手に職を付け、自立するためにバッグ職人を志す。まじめな性格で努力家のため、物づくりの壁にぶつかりながらも、その都
度改善し、結果それが様々な技術を身に付けていくことにつながる。現在では多彩なバッグ作りの技法をこなせる数少ない職
人として、広く認知されている。

切り目縫合型

特殊なパターンと切り込みによって、柔らかな立体感が出るのがこの形の特徴です。
自然でしなやかな立体感を出すために、革を贅沢に使い、2つの切り込みを縫い合わ
せる事で全体の立体感を調整していきます。理想の立体感を演出しながら少しの歪み、
誤差も出さずに切り込みを縫い合わせていく技術は本当に限られた職人にしか出来な
い技です。

切り目縫合型
清水章次

清水 章次  Syoji Shimizu

生年月日:1942年7月5日  職人歴:50年

中学卒業後、自立するためにバッグ職人を志す。型紙製作から商品の最終仕上げまで、総ての作業工程を一人で仕上げる事に
こだわる。総てを一人で請け負う日本独特の伝統的な職人スタイルを継承する数少ない職人。確かな技術に裏打ちされた丁寧
な作業で完成度の高いバッグを作る事に定評がある。

上部半円型

一見ストレートに見えるラインはストレートではなく丸みを取ったラインになってい
ます。その丸みをとったパターンを、正面から見るとストレートのラインに見えるよ
う丁寧に縫い合わせることで、余分なカットやプリーツを使用することなく、自然な
丸みを感じさせるしなやかで柔らかなラインを表現しています。

上部半円型
萩原正臣

萩原 正臣  Masaomi Hagiwara

生年月日:1948年6月18日  職人歴:50年

宝飾業界で有名な山梨県甲府市で約50年間、彫金職人として宝飾品の製作に関わる。手先が器用で物づくりが好きだったため、
彫金職人の道を志す。繊細なディテールの再現や2次元の物を3次元の立体に表現していく技術には高い定評がある。過去50年
の職人歴の中でも、バッグにつける金具を製作した事はなく今回が初めての仕事となった。

彫金

今回バッグに使用された金具は、総て大谷氏がこの企画の為にデザインした物。ジャ
ガーをモチーフにデザインされた総ての金具は、その繊細なディテールを表現するた
め、熟練の彫金職人の手彫りによって立体になりました。妥協を許さず莫大な時間と
手間をかけて生み出された金具は、それ自体がすでにアートと呼べる出来栄えです。

彫金
  • ハリ箱型
    ハリ箱型
  • 切り目縫合型
    切り目縫合型
  • 上部半円型
    上部半円型
  • 彫金
    彫金