▼ scroll under ▼

日本には世界が認める、現代アートやアニメなどのポップカルチャーに代表される最先端クリエーションがあります。日本には古来より、各分野で脈々と受け継がれる、世界に誇れる職人技術があります。この日本を代表する2つの文化を融合し、世界基準のラグジュアリーブランド創出を目指しバルコスJラインは誕生しました。バルコスJライン総ての商品は、革なめしから、裁断、縫製、彫金にいたるまで日本最高峰の職人達が、日本の物作りに徹底的にこだわりました。この伝統の技に日本が世界に誇るクリエーターの感性を掛け合わせることでこれまでにない、世界に通用する高感度なラグジュアリーレザーブランドを作り上げました。ジャパンラグジュアリーの創出、という新たな日本文化の創造に今回の試みがつながっていくのはもちろんの事、このプロジェクトの成功は、消えかねてしまわない日本ならではの文化、伝統を守り、新たな形で発展させていく事につながっていくと考えます。











▼ scroll under ▼

日本には世界が認める、現代アートやアニメなどのポップカルチャーに代表される最先端クリエーションがあります。日本には古来より、各分野で脈々と受け継がれる、世界に誇れる職人技術があります。この日本を代表する2つの文化を融合し、世界基準のラグジュアリーブランド創出を目指しバルコスJラインは誕生しました。バルコスJライン総ての商品は、革なめしから、裁断、縫製、彫金にいたるまで日本最高峰の職人達が、日本の物作りに徹底的にこだわりました。この伝統の技に日本が世界に誇るクリエーターの感性を掛け合わせることでこれまでにない、世界に通用する高感度なラグジュアリーレザーブランドを作り上げました。ジャパンラグジュアリーの創出、という新たな日本文化の創造に今回の試みがつながっていくのはもちろんの事、このプロジェクトの成功は、消えかねてしまわない日本ならではの文化、伝統を守り、新たな形で発展させていく事につながっていくと考えます。








Barcos J Lineのハンドバッグ、その美しいシルエットを生み出しているのは熟練の技術を持つ日本の職人です。日本人だからこそ持つ繊細な美意識の上に、長年培われた確かな技術が加わる事で生まれる作品達。レザーのコンディションや製作する日の温度や湿度によって微妙な調整を行う匠の技が、大量生産では生み出すことの出来ない、世界に1点とも言えるハンドバッグを生み出します。



■切目縫合型製作職人:鴨田 清 Kiyoshi Kamoda

生年月日:1944年2月6日 職人歴:40年

手に職を付け、自立するためにバッグ職人を志す。まじめな性格で努力家のため、物づくりの壁にぶつかりながらも、その都度改善し、結果それが様々な技術を身に付けていくことにつながる。現在では多彩なバッグ作りの技法をこなせる数少ない職人として広く認知されている。


特殊なパターンと切り込みによって、柔らかな立体感が出るのがこの形の特徴です。自然でしなやかな立体感を出すために、革を贅沢に使い、2つの切り込みを縫い合わせる事で全体の立体感を調整していきます。理想の立体感を演出しながら少しの歪み、誤差も出さずに切り込みを縫い合わせていく技術は本当に限られた職人にしか出来ない技です。


> 切目縫合型オーダー受付ページへ <